OUR SERVICE AD&ANA 広告・分析

Twitter広告

Twitter広告の正規代理店による運用代行。
抜群の拡散力のあるSNS広告

Twitter広告の特徴

Twitter広告とは

月間アクティブユーザー4500万人(2017年10月)、アクティブ率が70%を超える日本で非常に人気の高いSNSで、Twitterのタイムライン内にツイート形式の広告を展開するプロモツイートなどの広告形式があります。

Twitter広告はこんな方におすすめ

・Yahoo!やGoogleなど一通り広告施策をやっており次の一手を検討している・商品、サービスの認知度を上げたい、拡散させたい・特定ユーザーのフォロワー指定やテレビ連動での広告配信をしたい・ユーザー参加型のキャンペーン告知をしたい

Twitter広告の配信形式

プロモツイート
タイムライン上にツイート形式で広告を配信。画像や動画を使った「ウェブサイトカード」を用いてサイトに誘導します。
プロモアカウント
タイムライン上や「おすすめのユーザー」欄にアカウントを表示させる広告です。フォロワー獲得を目指します。
プロモトレンド
「トレンド」内に特定のキーワードやハッシュタグを表示させます。キーワードやハッシュタグの瞬発的な拡散ができます。

Twitterならではのターゲティング

他の広告プラットフォームではできないさまざまなターゲティングを行って広告配信ができます。

インタレスト
ターゲティング
ユーザーがフォローしているTwitterアカウントを解析し、そのインタレストを活用して広告配信をします。
ユーザーネーム
ターゲティング
関連企業や競合商品などのアカウントを直接指定して、そのフォロワーなどへ広告配信をします。
キーワード
ターゲティング
ユーザーのツイートを利用して、特定の単語をツイートしたユーザーへ広告配信をします。
テレビ
ターゲティング
ユーザーが視聴しているテレビ番組やカテゴリを指定して広告配信します。

Twitter広告運用の成果を出すポイント

「摩耗させない」クリエイティブの追加運用

Twitter広告では同じクリエイティブを使い続けると、一時は成果が出ていても、ユーザーに飽きられパフォーマンスが下がることがあります。
画像、動画や広告テキストを追加、差し替えて運用を行っていくことが大切です。

リスティングとは違うキーワード選定

検索連動型広告と同じようにキーワード指定での広告配信が可能ですが、検索するキーワードとTwitterでユーザーが投稿するキーワードは大きく異なります。Twitterユーザーの投稿という視点でキーワードを選定する必要があります。

ハッシュタグの活用に注意

拡散を期待するために利用するハッシュタグですが、Twitter広告では注意が必要です。
ウェブサイトに誘導し、成果を上げることが目的であるのにハッシュタグを使用すると、広告をクリックせずにハッシュタグをタップしてウェブサイトへの誘導を阻害してしまう可能性があります。
目的を考えてハッシュタグを活用する必要があります。