OUR SERVICE AD&ANA 広告・分析

DSP広告

主にバナー広告の自動最適化配信のプラットフォームであるDSP広告。
目的に合致する最善のDSP選定から運用まで行います。

DPSの特徴

DSPとは

DSP(デマンドサイドプラットフォーム)は複数のWebサイトをまとめたアドネットワークにて、ディスプレイ広告の配信を行います。
「配信サイト」というサイト単位で最適化ではなく、「ターゲットユーザー」というユーザー単位で最適化を行っていきます。

DSPの仕組み

多くの種類のDSPが流通していますが、各社が持っているデータや機械学習機能などによって成果は大きく差が出ます。 当社では広告の目的とDSPの特徴から最善のDSPを選定し、その運用・改善をサポートします。

DSPの特徴

自動で「効果の高い」ユーザーに最適化
DSPは訪問ユーザーやコンバージョンユーザーの情報から自動的に「このユーザーに広告を配信すると効果が出る可能性が高い」と判断して広告を配信します。DSPによってこの配信ロジックが異なり、商品やサービスに相性の良いDSPを選定する必要があります。
リターゲティング配信が可能
多くのDSPではサイトへ一度訪問したユーザーのみをターゲティングするリターゲティングでの配信を行うことができます。リターゲティング広告もただ訪問ユーザーに満遍なく配信するのではなく、「効果の高い」ユーザーを自動的に選定して入札の強化を行います。
幅広いターゲットへの「認知施策」としても有効
検索キーワードに対して配信する検索連動型広告とは異なり、まだ潜在的なニーズしかない段階のユーザーにブランドを認知してもらう効果があります。認知施策も闇雲に配信量を増やしても意味がないので、見込みの高い潜在ユーザーへの認知拡大を図ることができます。

DSP広告をJ・Gripで行うメリット

dsp~広告運用までワンストップで実施

商品・サービスにマッチしたDSPの選定 DSPと一括りに言っても、実際の配信ロジックやそれに伴う成果は各社異なります。同じサービスでリターゲティングという同じ手法でDSPを複数運用しても効果は差が出てきます。商品やサービスに相性の良いDSPが存在するため、当社での運用経験から最適なDSP選定ができます。

間接効果の高いDSPも厳選

CV効率を上げる自動最適化が主なDSPの特徴ですが、使い方によってはサイト訪問経験のない見込み顧客を開拓する手法としても効果を上げることができます。Tポイントと連携しているMicroAd BLADEや楽天データと連携している楽天DSPなど、他の広告ではできない特殊なターゲティングが可能です。

BtoB向けのDSP運用経験有り

DSPといえはCV件数が多い、一般的にはBtoC向けのサービスの方がハマりやすいサービスですが、企業のみをターゲティングできるDSPも存在します。企業規模や業種などに応じた広告配信を行うことで成果を出している事例もあります。