OUR SERVICE AD&ANA 広告・分析

アクセス解析

Googleアナリティクスに代表されるアクセス解析ツールを用いて
集客効果を最大化するアクセス解析を行います。

アクセス解析の特徴

アクセス解析とは

アクセス解析はGoogleアナリティクスやWebAntennaなどのツールを用いて、サイトの訪問数やPV、UU、参照元はどこが多いのか、どのキーワードでの流入が多いのか、どのページがよく見られているのか、などのデータをもとに、サイトの改善点を分析します。
また、単に自社サイトの解析に留まらず、競合他社サイトの分析も行うことで、自社サイトでどうすれば強みを活かせるのかという仮説を立てていきます。

アクセス解析の特徴

複数の施策での効果検証
リスティング広告やSEO、アフィリエイトなどを合わせて実施していると、施策ごとの効果が不明瞭な場合が多いです。アクセス解析のツールを用いることで、どの施策が有効だったか、または効果がなかったのかの判断をする材料になります。
運用のPDCAのサイクルの精度を上げる
アクセス解析のデータを参照にすることで、リスティング広告の運用改善が効率的になります。リスティング広告の管理画面では分かり得ない点まで知ることができ、運用の助けになります。
ヒートマップ解析ツールでページ内解析も可能に
ヒートマップ解析ツールを導入することで、ページ内のユーザーの動きを可視化することができます。ユーザー一人一人のマウスの動きを読み取ることができ、ページ内での導線などの改善のポイントも出すことができます。
競合サイトとの比較
弊社独自のツールを用いることで競合サイトとの比較も可能となり、流入キーワードの種類によって強化すべきポイントが明確に分かります。

アクセス解析をJ・Gripで行うメリット

Googleアナリティクスの「プロ」が各設定を実装

例えばGoogleアナリティクスでアクセス解析を行う上では、イベントトラッキングやカスタムレポートなど専門的な知識を必要とすることがしばしばあります。
Googleタグマネージャーと連携した設定にも精通したスタッフがいるので、フルに任せることができます。

集客・広告からの成果を上げるための提案

単にサイトの解析データをまとめるだけの仕事に価値はありません。データをいかに活用して最終的に売上を伸ばすのかが重要です。 データをもとにどういった広告施策にいかせるのか、またSEOでどうアプローチすべきなのかまで深い提案を行えるのがJ・Gripの強みです。

広告運用のセカンドオピニオンとしても機能

自社で広告運用を行っている場合や代理店に依頼している場合でも、客観的にアクセス解析を行ったり、広告管理画面を共有いただいて診断させていただくことで、広告運用の状況の良し悪しや、改善点の提案まで行うことができます。