2017.06.25

SEOとリスティング広告の違いとは?

「SEO」と「リスティング広告」。このページをご覧の方にとっては、当然何度も目にしたことのあるワードでしょう。

とは言っても、どちらもYahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジンの検索結果ページに表示されるものです。
ここでは、「SEO」と「リスティング広告」がどのように違うものなのか、どう使い分けるべきなのかを確認していきます。

「SEO」と「リスティング広告」の共通する部分

上述したように、検索エンジンから集客する方法は二つあります。「リスティング広告」と「SEO」です。
どちらも、検索エンジンからWebサイトへ集客するための手段であるのは同じです。
「検索エンジンを通じて、WEBサイトの内容に関連するキーワードで検索したユーザーを誘導する」という意味では全く同じです。

「SEO」と「リスティング広告」のそれぞれの特徴について

リスティング広告

リスティング広告とは、Yahoo! JAPANやGoogle等の検索エンジンにおいて、検索結果ページに表示される広告のことを指します。ユーザーの検索キーワードによって、検索結果は異なり、リスティング広告は検索結果に連動して表示されます。

広告の表示開始が早い
リスティング広告は、アカウントの登録を行い、広告やキーワード、入札額などの設定を完了すると、すぐに広告掲載が開始されます。広告の掲載までタイムラグがないことがリスティング広告の長所です。

広告費が入札制
リスティング広告はクリック課金型のため、集客したユーザー数が増えれば、それに比例して広告費用も増加していきます。
広告を出稿する側が上限入札額を決められるとはいえ、広告表示するための最低入札単価はオークション形式で決まるため、人気のある競合が多いキーワードの場合、入札単価は高騰していきます。
また、クリック課金型のため、広告経由のユーザー数が増えれば増えるほど、広告費用も増えていきます。

SEO

リスティング広告が「検索結果に連動した広告枠」であるのに対して、検索結果枠に表示されているものは、検索したユーザーの目的に適していると検索エンジンが判断したWeb上のコンテンツです。
検索エンジンからの評価を高めることによって、この検索結果枠内での順位を上昇させることがSEOの目的です。

費用が掛け捨てにならない
SEOは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果ページで高い順位にサイトを表示させるための取り組みです。リスティング広告とは違い、検索順位は費用をかければ上昇というものではなく、必要な対策を地道に積み重ねていくことが重要です。
SEOの手順は、ある意味単純です。ユーザーが「役に立つ」と感じるページがあり、そこにリンクが貼られGoogle評価が高まれば、順位も上がり集客も増えます。
SEO の施策はサイトの改善であったり、コンテンツの追加であったりしますが、広告と違い、かけた費用がサイトの資産としてずっと残るものです。

リスティングに比べCTRが高い
リスティング広告は、検索結果画面の上部と下部に表示されます。いずれも「目立つ場所」であり、ユーザーの目にも止まりやすく、広告もクリックされやすいと思われるかも知れません。
ですが、検索ユーザーの多くは、無意識に広告を避け、検索結果リストの上位にあるサイトを訪問しようとします。そのため、地道なSEOの積み重ねによる集客効果は、リスティングのそれをはるかにしのぐものとなります。

また、一度上位表示されると、しばらく費用をかけずとも上位に表示されることが多いです。そのため、中長期的には、SEOの費用対効果は、リスティング広告に比べて高いものになると言えるでしょう。

効果が出るまで時間がかかることがある
十分なお金を払えばすぐに上位に表示されるリスティング広告とは違い、SEOの場合は効果が出るまでは時間がかかります。
サイトの改善や、検索エンジンに評価されるコンテンツを作成したとしても、Googleのクローラーがサイトを巡回し、それを解析した上で、検索結果リストを再構成するまでは、サイトの順位は変化しません。
順位に影響が出るまでの期間は、数日で済むこともあれば、2~3週間程度かかることもあります。そのため、差し迫った直近のきゃんぺーンの集客ような場合にはSEOは不向きでしょう。

まとめ

「SEO」と「リスティング広告」にはそれぞれメリット、デメリットがあります。
大まかに言うと「リスティング広告はスピードで大きく優れており」、「SEOは費用対効果で大きく優れている」と言えるしょう。

「SEO」と「リスティング広告」のどちらか一方を選択するのではなく、目的ごとに使い分けつつ併用していくことが、最も効率がよい施策となるはずです。

サイトの状況によって運用方法は様々ですが、新規制作のサイトであれば、リスティング広告を活用することによりすぐに集客が見込めます。併せてSEOの施策を進めていくことによって、中長期的に自然検索経由の集客につながり、結果として集客コストを減らしていく見込みが立ちます。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
アドソリューション部 SEOエンジニア S.O

アドソリューション部 SEOエンジニア S.O

SEOの課題抽出、改善までの実務を担当。 売上アップ、サイトPVアップ、会員登録アップなど クライアントの目的に合わせたキーワード提案をおこない最適なSEO対策を実施している。