2015.06.05

自社ホームページから問い合わせを増やす方法

コラムを書くことが、顧客獲得に役立つ

WEBマーケティングの手法にはさまざまなものがありますが、中でも一番コストがかからない方法のひとつが「自社ホームページからの問い合わせを増やすこと」。

自社でホームページを更新すれば、リスティングやバナー広告、比較メディアのように外部へ支払う料金が発生しないのでとても合理的ですよね。そして、自社ホームページへのアクセスを増やすために私たちがご提案しているのが「コラムを書くこと」。

現に当社でもみなさんが今読んでいるコラムコーナーを作っています。

では、なぜコラムを書くことが集客につながるのでしょうか?

自社が持っているノウハウ・情報で、お客様を惹きつけよう

「コラムなんて言われても、書くことがないよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、どんな会社でもその業界で培ってきたノウハウや情報は必ずあるもの。コラムではそれを紹介すればいいのです。

たとえば当社はWEBマーケティングの会社なので、このコラムではWEBマーケティングに関する情報を書いています。そしてもちろん、このコラムにたどり着くのは、WEBマーケティングに興味のあるユーザー。その中には、一定数WEBマーケティングを依頼したいと考えている「見込み顧客」も含まれているというわけです。

ホームページのアクセス解析をしてみると、このコラムをご覧になった方からお問い合わせをいただくケースが少なからずあるのです。

コラムを作ることのさまざまなメリット

他にも、コラムならではのメリットはいくつかあります。その一つが、「広告という印象を露骨に与えずに済む」ということ。最近のインターネット広告のトレンドとして、「広告色を薄めた記事広告が好まれる」という流れもあります。

コラムを通じて会社の信頼感を高めるという手法は、こうした時流にも適合しているといえるでしょう。そしてもう一つ重要なメリットがあります。それは「SEO対策にも有効である」ということ。ご存知の通り近年Googleの検索エンジンは「良質なコンテンツを豊富に持ったWEBサイトを上位に表示しよう」という方針で変化しています。
つまり、良質なオリジナルのコラムを増やせばサイトの質・規模ともにアップするので、自社ホームページを自然に検索上位に表示させやすくなるわけですね。

もちろん、ユーザーの検索キーワードを考慮して文章を書けばその効果は増大。ぜひ、お試しください!

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Webコミュニケーション部 S.N

Webコミュニケーション部 S.N

ネット系企業でWEBプロモーション全般の知識を吸収後にJ・Gripへ参加。東京でのコンサル経験を活かし九州、関西と全国の営業所にてサービスを展開し、現在は社内WEBマーケティングの企画も行っている。