2016.09.08

新商品など新しく集客するための最良策は

新たな商材宣伝はスピードが命

2_midashi-01
当社では、LP制作とリスティング広告、最近ではLINEやFacebook、TwitterなどSNSの広告運用LP、コンテンツマーケティングなどを制作しています。

さまざまなランディングページを作っていて、ある程度、成功している部分があると確信しています。それぞれの商材ごとにページを作り集客を図るのですが、新商品などの事案を扱う際には“スピード”という概念が非常に重要で、どれだけ早く対処できるかが勝負の分かれ目となります。

当社では制作機能と広告の運用機能が社内にありますので、迅速に対応できるというのが強みと言えます。

ニーズに対して迅速に対応するのがカギ

2_midashi-02
LINEが提供する広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」が、今年6月から本格運用が開始されましたが、Yahoo!やGoogleと違って扱える代理店が当初は少ない状況でした。

LINE広告をやりたいと思っている人たちに対して、広告運用を提供できる事業者は少ないはずなので、急いでLPを制作しアップをしたところ、すぐに件問い合わせがありました。

実は同業者からの問い合わせで、おそらくLINE広告の存在を知ってはいるけれども、扱えないということで問い合わせをしてきたのだと思います。

自社の例ではありますが、ニーズがあるものに対してLPを作って需要を回すというのは理にかなっていると言えます。

1枚のページで最大限に集客

2_midashi-03
スピード感を確保した上で、どういうページを作るのかということが重要になってくると思いますが、経験やノウハウに基づきLPを制作しますが、実は一度アップした後の調整作業が効果を左右するのです。

たとえばリスティングのLPで、通常は手数料が広告費の20%、仮に月100万円で運用したら20万円が手数料になりますが、運用手数料・固定2万円というキャンペーンLPを作りました。しかし、問い合わせがまったく来ませんでした。

このことは「LPは意味がなかった」と考えるのではなく、「こういった内容のLPでは来ないというのが分かった」ということを学んだと捉えるべきです。内容等に関してまた変えればいいだけで、すぐに変更が利くところがLPのいいところでもあります。

これは当社に限らず、いくつかある自社の商品ごとにわざわざホームページを作る必要はなく、1枚のページで構いません。1枚のページを作って広告を当ててあげると、意外と反響があるものです。来なければページ内容を変えるなり、広告の集客の手法を変えればいいということだけなのです。

また、紙のパンフレットはあるけどLP用の原稿がないという理由から止まってしまう会社も多いですが、そこで止まるぐらいでしたらライターをアテンドして取材を行い原稿を作成するという手段もあります。
当社にはそれができる体制があり、私たち自身も同様の手法で集客しているので、一定以上の知見はあるのではというふうに考えています。

大掛かりなホームページの構築や更新をせずとも、1枚のページ(LP)で集客は可能で、逆に1枚のページがゆえに商品ごとに作れるというメリットもあります。つまり、早く作って早くPDCを回すということが大事で、それこそが集客につながってくるのです。

新商品をはじめ何か新しく集客したいものが出て、かつすぐに広告運用したいうときには、こういった手法を選択するのも一つです。複数の商品や事業がある場合の集客も同様に展開できますので、当社へとご相談ください。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
アドソリューション部 アカウントプランナー W.N

アドソリューション部 アカウントプランナー W.N

大学在籍中よりWEBマーケティングに関する業務に携わり、大学卒業後、WEB(広告/制作)関連の会社の自社メディアの運営、マーケティング業務を行う。現在は、クライアントのリスティング広告を中心とした、課題・目的・戦略に合わせて採るべき具体的な施策の立案と実施から実施施策の課題抽出、改善までの実務を担当。