2017.04.27

営業チャンスが増える最強のツール?「Sansan」の名刺管理のココが凄い

営業なら誰しも1度は悩むのが「名刺管理」ではないでしょうか。

コンセプトは、「名刺を企業の資産に変える」

ただ、名刺を整理整頓するだけではないのが、Sansanの名刺管理ソフト。
組織で名刺を共有し、名刺管理だけでなく、メール配信・案件管理といった機能で、
商談を増やしたり受注率を向上させたりすることができます。

Sansanの名刺管理、ココが凄い!

名刺情報を社内で共有できる

社内で管理される名刺は、顧客情報として、誰でも検索・確認できます。
自社のどの部門の「誰が」、顧客企業のどの部署の「誰と」「いつ」「どこで」「何をしたか」といった、
これまでのお客様との関係・やりとりを共有・閲覧できるので、大変便利です。
たとえば、途中で担当が変わっても、前任者とどのような話をしていたのか履歴を追えるので、漏れ無く把握することができます。
また、「誰と誰が知り合いになりました」など、社内の共通人脈を通知することもできるため、
これまで見えづらかった社内人脈を、積極的に活用した営業活動が可能になります。

売り上げにつながる仕組みを装備

人物単位で管理するSansanは、取引に関連する商談記録も自動で表示します。
管理表では、売り上げに関連する情報のみの更新で済むので、現場の負担が最小限に抑えられます。
また、更新された情報は随時組織に共有されるため、売り上げにつながる行動を自然と促すことができます。
これらの機能は、マネージャーの管理を助けることにもつながるでしょう。
営業全体、組織全体にプラスの相乗効果をもたらすツールとして期待できそうです。

Sansanで、ビジネスチャンスを創出?!

Sansanには、3つの切り口からビジネスチャンスを創出「スマートリコメンド機能」があります。

1.登録した名刺に記載されている人物に関する人事異動情報が分かる。
2.企業情報に関するプレスリリースなどの情報を取得できる。
3.名刺に記載されている人物に関する特徴が保存できる。(会食で行ったお店の名前、好きなお酒の種類、趣味など)

情報収集に関しては、Web上の各種ニュースサイトから最新の企業情報や、日経やダイヤモンドの人事異動ニュースを利用。
最新で新鮮な情報の獲得を通して、営業活動に役立つ情報の提供が可能になります。
細やかな情報と気配りが、お客様との距離をぐっと縮めるのです

困ったときは、相談窓口へ

Sansanは運用相談窓口を設け、メール問い合わせやFAQサイトでのサポートを提供しています。
理由は、Sansanをしっかり活用し、売上を上げるためには、運用設計をしっかり行う必要があると考えているためです。
その証拠に、Sansanでは、会社の目的に合わせた運用を相談することが可能です。
知識も経験も豊富な運用コンサルタントがサポートにつき、他社事例を交えながら最適な活用方法を考えてくれます。
単なる名刺管理システムだけにとどまらず、営業力強化を実現させたいとを考えている会社にこそ、このサポートは大きな力になりそうです。


いくら綺麗に名詞を整理整頓したところで、営業現場にとって利用するメリットがなければ意味がありません。
せっかく顧客管理・営業支援のシステムを導入しても、組織に定着させるのは至難の業。
Sansanは、営業担当が名刺管理をすることで、同時に顧客管理ができ、さらには組織的な顧客管理の実現にもつながります。
限られた時間の中で、最高の成果を出すための心強い味方となりそうですね。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
マーケティング部 リーダー D.K

マーケティング部 リーダー D.K

WEB制作、WEB広告、SEO等、WEBまわり全般のコンサルティングを担当。