2014.12.23

仕事に役立つキーボードショートカット術(ブラウザ編)

なぜショートカットが必要か

PCで同じ作業をするなら、少しでも早い方法を選択し、業務を効率化したいものですよね。

そこで欠かせないのが「ショートカットキーの活用」です。

最初はちょっと面倒に見えるかもしれませんが、一度覚えてしまえば、「極力マウスを使わず、キーボードだけで作業が完結できる快適さ」がやみつきになること間違いなし! 今日は、ブラウザ操作時に便利な代表的なショートカットキーをご紹介します(ブラウザはGoogleChrome、OSはWindowsをベースにお伝えします)。

よく使うショートカットの具体例

・Ctrl+L
アドレスバーを選択するショートカット。URLを打ち込むだけでなく、Google検索にも使えるのでとても便利です。

・Ctrl+T
新規タブを開きます。

・Ctrl+W
今開いているタブだけを閉じます。ちなみに、ブラウザ以外の、現在使っているウインドウやフォルダを閉じるときにも使えます(たとえばメーラーでメールを書いている場合、現在書いているメールだけを閉じる)。

・Alt+F4
Google Chrome全体を閉じたいときに使います。ちなみに、これはブラウザ以外のアプリケーションを落とすときにも使えます。上記のCtrl+Wと違い、アプリケーション全体が落ちるので、たとえばメールを書いている途中にAlt+F4を使うと、メーラー全体が閉じられます。
ちなみにMacの場合はCmd+Qで同じ操作が可能です。

・Ctrl+PageUp/Ctrl+PageDown
今開いているタブの隣のタブへ移動します。Ctrl+PageUpで左のタブに、Ctrl+PageDownで右のタブに進みます。
ちなみに、Macの場合はCmd+Alt+左右キーで同じ操作ができます。

・Ctrl+数字キー
複数のタブを開いている場合、他のタブを飛ばして目当てのタブに移りたいときに使います。数字キーに「一番左から数えて何番目のタブか」を入力すれば、該当のタブを開きます。なお、「8」まではタブの番号を指定できますが、「9」を押すと自動的に一番右側のタブを開きます。つまり、9つ目以上のタブは直接選択できないわけです。

・Ctrl+D
現在開いているページをブックマークに追加します。Ctrl+Dを押すと「ブックマークが追加されました」というメッセージが現れ、その枠の中でどのフォルダにブックマークを追加するかを選択することができます。

・Ctrl+U
現在開いているページのソースコードが表示されます。
ちなみに、MacだとCmd+Alt+Uです。

・Home/End
Ctrlを押しながらテンキーにあるHomeを押すと、現在開いているページの最上部に移動します。Ctdl+Endは逆に最下部に移動。縦に長いページの最下部にあるフッター情報を早く確認したい場合などに便利です。

・Ctrlを押しながらリンクをクリック
Ctrlキーを押しながら、ページ内にあるリンクをマウスでクリックすると、別タブでリンク先ページを開くことができます。「マウスホイール(マウスの上部中央にある、コロコロする所)でリンクをクリック」しても、同じく別タブでリンクを開けます。

・Alt+Tab
起動中の別のアプリケーションに移動します。たとえばブラウザを開いて作業をしているときにメーラーを素早く確認したいときなどに便利です。ちなみにMacではCmd+Tabです。
※さらにちなみに。Windowsでは開いているアクションごとにタブ移動ができますが(たとえばExcelで複数のファイルを開いている場合、あるファイルから別のファイルに移動できる)、MacのCmd+TabではExcel内で別のファイルに移ることはできません。Macで同じアプリの別ファイルに移動するときは、Cmd+F1を使います。
※さらにさらにちなみに。MacでCmd+Tabを使っている時にうっかりTabの隣のQを押してしまうと前述のアプリケーション全体を閉じる操作であるCmd+Qを実行してしまうことになるので、意図せずやりかけていたことを閉じてしまって「あーー!!!(涙目)」となります。十分に気を付けてお使いください(笑)

最後に

今回はWindowsを中心とした説明になりましたが、実はMacのショートカットキーもWindowsとかなり似ています。

例外はありますが、基本的に「WindowsでCtrlを使うところを、MacではCmdまたはCmd+Altを使う」と覚えておけば、ある程度応用できるはず。

また、今回ベースとしたブラウザはChromeでしたが、Chrome以外のブラウザでも使えるショートカットキーはここで紹介した中にもたくさんあります。ぜひ、活用してみて下さいね。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
WEB制作ディレクター M.H

WEB制作ディレクター M.H

効果の出るWEBをテーマに、デザインと集客の両面をサポート。 WEBサイトの企画・設計からリリース後の運用・改善まで一貫して提案を手がける。 2016年4月から産休に入り、約1年の育休期間を経て、2017年4月より復帰。