2017.09.26

【特別対談・後編】コンバージョンを激的に変える!脅威のフォーム「qualva(クオルバ)」がもたらす、エントリーフォームの変化とは?

J・Gripでは株式会社モデュレイの対話型入力フォーム「qualva(クオルバ)」の取り扱いを開始しました。
今回はモデュレイ社の岩崎社長をお招きして、qualvaの特徴や、J・Gripが何故qualvaを取り扱うことにしたのかについて、対談を前、後編に渡ってお送りします。

対談後半ではJ・Gripがqualvaを導入してどう変わったのか、今後の課題について両者が語っております。
(前編はこちら

---J・Gripのホームページやランディングページにもqualvaを導入していますが、効果はどうですか。

田浦:まだ導入間もないですが、確実にコンバージョンは増えています。
弊社の場合、コンバージョンは問い合わせの獲得ですが、特にコーポレートサイトからの問い合わせが増えました。
弊社のサイトには、サービスページやコラムページ等、様々なページからの流入があるのですが、問い合わせフォームページに遷移する手間が省けて、
閲覧ページからそのままチャット感覚で問い合わせができるので、増えているのではないかと思います。

岩崎:問い合わせの質はどうですか。

田浦:簡単に問い合わせができることによって、質の低い(受注に繋がりにくい)問い合わせも増えるのではという懸念もありましたが、アポイント率や受注率は大きく変わっていません。
稀にイタズラのような問い合わせもありますが、問い合わせの増加に比べたら些末なことです。
むしろ、通常のフォームだと一定数営業メールもありましたが、qualvaからは今のところ無いですね。(笑)

---J・Gripからみて、その他にqualvaが優れている点はありますか。

田浦:qualvaが本当に優れている点は、検証やソリューション活用にあると思っています。
選択型なので、離脱した場合はどこの質問で離脱したのかが、全て分かります。
そのデータを基に、質問内容や聞き方を変えることで、更にコンバージョン率の改善を図れます。
また選択結果毎にユーザーのリスト作成もできるので、回答レベルや回答結果に応じて、リマーケティング等の広告展開をすることも可能です。
そういったマニアックな広告運用は、我々の本分であり得意領域ですので、様々な活用をしたいと思っています。

岩崎:弊社の代理店の中でも、そこまで活用できている代理店はほとんどいないので、是非そういった活用例をどんどん作っていただけると有難いです。

田浦:でも最も分かりやすい優位性は、やはり操作性ですね。
チャットフォームはちょっと反応が遅かったり逆に早過ぎたりするだけで、ユーザーのストレスになります。ボタンやアイコンの位置や大きさも然り。
様々なチャットフォームを見ましたが、qualvaはそういった操作性の点で、圧倒的に使いやすい印象です。感覚的なものなので、中々表現しにくいのですが。

岩崎:我々が最も重要視しているのが「UA(User Adaptation)」です。UAは「ユーザーに適応」するという意味です。
ユーザーインターフェースは、目新しさも必要なのですが、先進的過ぎても受け入れられません。
qualvaはこれまでにないインターフェイスでありつつも、企業のビジネスにおける重要な役割を担う為、ユーザーを適応させていく事が非常に重要です。
海外市場も含めた、全てのフォームをqualvaに置き換える事ができるよう開発計画を練っています。
ちなみに、qualvaは多言語対応もしており、デバイスの言語を自動判別し、各国の言語での接客が可能です。現時点では、日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・インドネシア語・スペイン語・タイ語の8言語に対応しており、実際に国外のマーケットへ導入が進んでいます。

---最後に改善要望があれば、教えてください。

田浦:管理画面が独特ですが、これは慣れの問題ですね。
こういうカスタマイズをするにはどうやるのだろうというケースがあるのですが、フォーム同様直感的に分かりやすい作りになっているので、大体解決します。
日々カスタマイズのノウハウが溜まっていっている状況ですね。(笑)
いずれにしてもフォームの構築は弊社で行うので、導入されるクライアント側は何の心配もいりません。

岩崎:管理画面もフォームも完成形ではなく、日々アップデートが必要だと考えています。
ユーザーにとっても代理店にとってもより使いやすいプロダクトになるよう、これからも改善を続けていきます。

田浦:我々も導入提案を進めていきます。本日はありがとうございました。

岩崎:ありがとうございました。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Webコミュニケーション部 S.N

Webコミュニケーション部 S.N

ネット系企業でWEBプロモーション全般の知識を吸収後にJ・Gripへ参加。東京でのコンサル経験を活かし九州、関西と全国の営業所にてサービスを展開し、現在は社内WEBマーケティングの企画も行っている。