2016.09.17

より集客力を上げるLPのデザイン

効果の高いデザインを見つけ出す工夫が必要

3
LP(ランディングページ)やバナー制作にデザインの力は欠かせません。

もちろん、見やすい、きれいなデザインが求められることは言うまでもありませんが、ときとして、誰もが予測できなかった高い効果を発揮するデザインがあります。

つまり、デザインするということには、「より効果の高いレイアウトや色調、イメージを探し出す」ということも含まれているのです。

効果を上げているから安心! ……これが危険

1
一度作ったLPが、それなりに効果を出していたとすれば、多くの人がそれで安心して、ついついそのままにしてしまうものです。実は、これが結構危険なのです。

そのときは効果が出ていても、時間経過とともに薄れていくことが多いからです。

それは、商品・サービスを購入してくださったお客様が、何度もアクセスしているうちに見慣れてしまって、新鮮味を感じなくなってくるからです。

そのため、たとえ内容構成は同じであっても、デザインを更新することは、とても重要なのです。

売れるデザインを探し出す

2
私たちが実践し、集客力を上げた事例をご紹介しましょう。

不動産関連のA社では、概ね1週間ごとにデザインの変更をしていました。

変更と言っても、私たちが“ブロック”と呼んでいる「ひとまとめの情報や画像」の配置を少しずつ変化させる試みです。

もちろん配置によっては、キャッチコピーの変更なども必要ですが、一般的に行うリニューアルとは大きく異なります。

これには大きなメリットがありました。

A社のウェブサイトの目的は、「LPからの問い合わせ件数を増やす」ことでしたが、ブロックの配置によって、これが大きく増減するのです。

これを何度も繰り返し、もっとも反応がよかったデザインを記録しました。
そして、タイミングをみてそのデザインに置き換えてみると、さらに問い合わせ件数が増えたのです。

このように、細かな変更によっても、お客様の反応が著しく変わることがあります。
つまり、LPは、「反応もそこそこ」といった状態が完成ではなく、「さらに反応がいいデザインを求めて、変更を繰り返すこと」が、より重要なのです。

「A/Bテスト」以上をご提案

4
ウェブサイト担当者は、ぜひ、他社のLPを調査してみてください。

売れるLPには、デザインの工夫が随所に見られます。そしてその中には、更新頻度の高さも含まれています。

私たちが、これまでに実践してきたのは、「A/Bテスト」以上の施行です。

A/Bテストとは、異なる2パターンのウェブページを用意し、実際にユーザーに利用してもらって効果を比較することです。

しかし、私たちの経験では、A・Bだけでなく、C、D、E……と、何パターンでも繰り返し行うことで、「より効率のいいデザインが見つかる」ということが分かっています。

いかがでしょうか?
これからLPの制作を検討されている方、すでにLPを設置している方は、ぜひ参考にしてみてください。
もちろん私たちJ・Gripにご依頼いただければ、お客様と綿密に打合せを行った上でベストなデザインと、それを更新していく計画も合わせて提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください!

Facebookでシェア
Twitterでシェア
WEBプランニング部 チーフデザイナー K.W

WEBプランニング部 チーフデザイナー K.W

20代前半から紙、WEBなどのデザインを行い、大手通信会社やメーカーのキャンペーンサイトなども手がける。自身で制作プロダクション運営した後、J・Gripへ参加。培ったデザインセンスとスピードでデザイン制作の全てをこなす責任者。