2017.07.03

広告運用で大切な「キーワード選定」をサポートするツール3選

広告運用する際には「キーワード」が欠かせません。
とくにリスティング広告では、キーワードの選定は最も重要です。

キーワード選定、まず何から始めよう?

まず、キーワード設定=ターゲット設定ですので、目的、目標しっかり考えなくてはいけません。

例えば、目的が「売り上げ拡大・高い目標件数」であれば、
検索数の多いビッグワードの実施や、キーワードを絞らないことで広告の表示回数やクリック数を増やす必要があります。

次に3C(自社の強み弱み・競合・市場)を考慮します。
3Cとは顧客・市場(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)についての分析を行い、
戦略・戦術設計に役立てるフレームワークのことです。

キーワード選定のポイント

キーワードをプランニングする際は、あれやこれやと羅列せずに、
まずは要素で考えて整理することがポイントです。(基軸、情報、訴求、成分、ビッグ、エリア)
何故要素で考えるかというと、一つひとつのキーワードを思いつきで増やしていくと、途中で混乱するからです。

運用開始後にどのキーワードが回っているのか、まったく分からなくなってしまうことは避けたいですよね。
効率的にキーワード選定をするには要素分解で整理しましょう。

キーワード選定に役立つツール

1.Google キーワードプランナー

単に「検索ボリュームを調べる道具」として使えるだけではなく、

・ 競合が少ないキーワードを見つけ、安い獲得単価でコンバージョンが取れた
・ キーワードのトレンドが分かったので、需要の多い時期に入札を強め、獲得数を増やせた
・ 自社ホームページと関連性の高いキーワードが分かり、ユーザーのリーチ数が増えた

など、活用方法は様々です。

2.Weblio類語辞書


キーワードのレパートリー探し
類語辞典を使うことで、名詞の後ろにつける形容詞などを探すのが楽になります。

3.karabiner(カラビナ)

KARABINERは現在のリスティング広告の仕組みで活用できるキーワードの掛け合わせを簡単に作成してくれるツールで、
リスティング広告プレイヤーのさまざまな状況を補完してくれるツールです。
入稿作業するときに、非常に楽になります。


他にもキーワード選定に役立つ無料ツールはいくつかございますが、中でもおすすめの3つをご紹介しました。
リスティング広告の成功は、アカウントをどれだけ細かく作り込むかにかかっていると言ってもいいくらいです。
広告出稿をお考えの際は、是非お気軽にお問い合わせください。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
マーケティング部 W.I

マーケティング部 W.I

WEBマーケティングにおいて、コンサルティングを担当。 お客様にとって最適な提案ができるよう、日々奮闘中です。