2014.09.16

Webディレクターの役割(クリエイター編)

「クリエイターの時間を確保すること」が、ディレクターの役目

Webディレクターの重要な役割の一つとして挙げられるのが、「クライアントとクリエイター(デザイナー、コーダー、エンジニアなど)との橋渡し」。クライアントの意向や制作物のコンセプトをクリエイターに伝え、進行管理・クオリティ管理を行います。

こうした「対クリエイター」の仕事において一番大切なことは何だと思いますか?
私が考えるその答えは「クリエイターの時間を確保すること」。

本来、クリエイターの仕事は「より良いデザインをすること」であったり、「より優れたシステムを開発すること」であったりするのですが、現実的にそれに集中することはそれほど簡単ではありません。
たとえばお客様からの要望や仕様変更が五月雨式に届いてその都度それに対応しなければならなかったり、様々な形式で来る情報を整理し直したり、作業可否を確認するための調査や関係各所との連絡で作業時間を奪われたりするケースはよくありますよね。
こうした事態に陥らないためにこそ、上流工程に位置するディレクターはお客様との間でコミュニケーションを密にとり、要件をまとめた状態でクリエイターに伝える必要があるわけです。

より良いクリエイティブを実現するために

そのようにして十分な時間を確保できるようになれば、クリエイターはよりクリエイティブな高いデザインやプログラミングに打ち込むことができ、結果的に質の高い制作物を生み出せます。

――と、言葉で言うのは簡単ですが、そのためにはディレクターの側にも努力が必要です。

たとえば、デザインやコーディングに関する知識をある程度身につけておくこと。
何故かと言えば、そうした技術的な知識が乏しいと、お客様との打ち合わせの中で仕様に関する深い提案ができず、「こういう仕様は実現できる?」といった相談をいちいちクリエイターに持ちかけなければならないから。
それがクリエイターの時間を奪うということは、言うまでもありませんよね。

もちろんクリエイターと同等のスキルを持つのは困難ですが、ディレクターがあらかじめある程度技術の勉強しておけば、クリエイターが調べ物や打ち合わせに費やす時間を節約できますし、クリエイターとの信頼関係も自然に強まるもの。
特に外部パートナーと一緒に仕事をする際には、「このディレクターは制作のことを知らない、ただのメッセンジャーだな」と思われてしまうと、制作へのモチベーションに悪影響を及ぼしかねません。

トレンドや技術を幅広くキャッチしておくことは、ディレクターにとって重要な仕事の一つと考えるべきでしょう。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
WEB制作ディレクター M.H

WEB制作ディレクター M.H

効果の出るWEBをテーマに、デザインと集客の両面をサポート。 WEBサイトの企画・設計からリリース後の運用・改善まで一貫して提案を手がける。 2016年4月から産休に入り、約1年の育休期間を経て、2017年4月より復帰。