2014.08.25

Webディレクターの役割とは何か(お客様編)

お客様の声をカタチにする=ディレクターの役目?

今回のコラムで考えてみたいテーマは、「Webディレクターがお客様のためにすべきこととは何か?」ということ。
よく聞くのは、「お客様の要望をカタチにするのがWebディレクターの役目」という意見ですね。これはもちろん、間違いではありません。しかし、お客様が「こんな風に作ってほしい」と考えるWebサイトが最善のサイトとは限りませんし、そもそもどんなサイトを作りたいのかが分からないケースだってあります。
そんなとき、Webディレクターはどうすればいいのでしょうか。

お客様とユーザーを、客観的に結びつける

そもそも、Webサイトを作るときには必ず「商品をPRしたい」「売上を上げたい」といったビジネス上の目的があるはずであり、その目的を達成することこそが、Webディレクターのミッションです。
多くの場合、サイトを制作・リニューアルするお客様には「自社の商品を、こういうお客様に、こういう風に見せたい」というこだわりがあるもの。しかしそれらは往々にして「主観的」な見方になっていて、消費者(=サイトのユーザー)のニーズと食い違ってしまうこともあります。
そこで、私たちWebディレクターが客観的な立場に立ち、どのように商品をアピールすればユーザーにとって分かりやすいか、ユーザーが訪れたサイトに対して求めていることは何か、というようなことを考えて提案するのです。
時にはお客様のアイデアを覆してでも、きちんとお客様(サイト運営者)とユーザーを結び付け、成果を生み出す。それが、Webディレクターのあるべき姿ではないでしょうか。

ビジネス・クリエイティブ両面のプロとして

もちろん、こうした提案力はWebディレクターに限って求められるものではなく、WebデザイナーやHTMLコーダーといったクリエイターたちのアイデアが重要なことは言うまでもありません。
とはいえ、現実の制作案件では予算も期間も限られており、制作の上流工程に位置するWebディレクターが、お客様とのミーティングの中でデザインや機能をある程度決定せざるを得ません。
だからこそディレクターには、マーケティングの知識だけでなく、クリエイティブに関する知識も必要。幅広いスキルが求められるので大変ではありますが、私自身も日々精進しています。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
WEB制作ディレクター M.H

WEB制作ディレクター M.H

効果の出るWEBをテーマに、デザインと集客の両面をサポート。 WEBサイトの企画・設計からリリース後の運用・改善まで一貫して提案を手がける。