動画制作 インパクトのある映像で集客を可能に!

こんなお悩みありませんか

  • 動画を活用してプロモーションをしたい
  • CM動画をネットでも配信したい
  • SNS(twitter,Facebook,Instagram)用の動画広告を作りたい
  • 動画マーケティングをしたい

動画制作のメリット

動画広告とはYouTubeのTrueView広告に代表される広告のことです。
ウェブページ内に掲載される各種動画広告やFacebookやInstagramなどのソーシャルメディアのフィード上に流れる広告など、ネット上には様々な動画広告が存在します。

J・Gripでは広告運用に適した動画制作をおこなうことが可能です。
広告運用のプロフェッショナルだからこそおこなえる動画制作を提案しております。

※下記動画はJ・Gripの紹介用につくられたものです。

動画制作の前に知っておきたい
動画広告の種類とフォーマット
動画広告には大きく分けて2種類の広告があります。

インストリーム広告

インストリーム広告とはYouTubeのような動画コンテンツでユーザーが動画を再生しようとする前に、広告としての動画が再生される枠のことです。

ユーザーには広告動画を閲覧するかどうかの選択肢があり、広告が5秒間表示された後に、そのまま動画を見続けるかどうかを選択できます。

費用は広告が30秒間再生された場合のみ動画視聴として発生します。
30 秒未満の場合は、最後まで視聴すれば課金となります。

また、広告の動画を再生中に、右上にコンパニオンバナーを設置してWEBサイトへも誘導することができますが、このクリックでの課金は発生しないのもポイントです。

 

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、ウェブメディア上の広告枠に配信される動画広告のことです。

・さまざまウェブページ内に設けられているディスプレイバナー広告枠で動画を配信するのがインバナー広告

・「コンテンツを読む(Read)行動の中に入る広告」という意味で、さまざまな記事(テキストコンテンツ)内に挿入されるインリード広告

・FacebookやTwitter、Instagramなどのフィード内に配信される動画広告に代表されるインフィード広告

などがアウトストリーム広告にあたります。

J・Gripがおこなう動画制作の特徴

制作だけで終わらない、作った後の動画マーケティングも支援

J・Gripではただ動画制作をおこなうだけではありません。
Web広告運用のプロが企画から制作、運用をおこなうことにより効果が出る広告運用をおこなうことが可能です。

Facebook、twitter、InstagramのようなSNSでの拡散はもちろん、LPを作成する中で制作した動画を設置することも可能です。

お問い合わせはこちら!