Google AdWords ディスプレイネットワーク(GDN) 世界最大規模ネットワーク

こんなお悩みありませんか? 数百万におよぶGoogleのネットワークへ広告を配信

  • 検索連動型広告のクリック単価が上昇してきている
  • 潜在顧客へアプローチしたい
  • 一度自社サイトに訪れたユーザーを追客したい
  • 競合サイトへ訪問したユーザーへ広告を出したい

GDNとは?

Googleのサービスを介して広告を掲載できる検索サイト以外のすべてのサイトで構成されるネットワークに配信する「コンテンツ連動型広告」のサービスです。
世界中にある莫大なGoogleのネットワークを利用した広告配信が可能で、YouTubeなどの大手サイト以外の数多ある中小規模サイト(個人ブログなど)が中心です。

GDNとは?

GDNの配信形式

コンテンツターゲティング

指定したキーワードにマッチしたサイトに配信されます。

プレースメントターゲット

サイトやページを指定して配信します。

トピックターゲット

サイトやページのカテゴリーを指定して配信します。

インタレストカテゴリー

ユーザーの興味関心のあるカテゴリーを指定して配信します。

リマーケティング

サイトへ訪問したことのあるユーザーに対して配信します。

DSK

キーワードを指定して関連性が極めて高い配信面に限定して広告を配信します。

Google Adwordsディスプレイネットワーク(GDN)の特徴・効果

膨大なGoogleのネットワークへ広告を配信

Amebaやlivedoorなどの大手ポータルサイトも存在しますが、個人のブログ、法人の専門サイトなどの中小規模のサイト中心となるAdSense パートナーサイトでの配信が多いのが特徴的です。
また、YouTube、Gmail、Google マップなどのGoogle 関連サイトも非常に多く、リーチ数は日本でも最大級です。

多様なターゲティング手法で目的に応じた配信が可能

YDNと同様にGDNでも多様な配信形式があり、ターゲットやその目的に合わせた配信を行うことができます。
運用の中で仮設を立ててターゲティングを変更して改善していくことができ、DSPと違って手動での効果検証がしやすいサービスです。

バナー広告掲載エリアにテキスト形式で配信

GDNのテキスト広告は、通常バナー広告が出る場所にテキスト形式で出ることが多いです。Google側でもテキスト広告の出し方は試行錯誤しており、随時変化しているように見受けられますが、YDNよりも広告タイトルの重要度が高いといえます。
よりキャッチーでターゲットユーザーが説明文まで見たくなるようなタイトルを考案することでクリック率が上がります。

J・GripならではのGDN運用の特徴

成果に直結しやすい配信面を抑える「DSK」運用実績多数

リマーケティングで成果を出すことはどの代理店でもよく聞く話ですがJ・Gripでは「DSK」に代表されるキーワードに関連性の高いサイトに配信する手法にて、リマーケティングを上回る成果を上げた実績が多数あります。
キーワード選定はもちろん、配信先サイトの精査など成果を出す運用に欠かせないノウハウがあります。

もはや見逃せないレスポンシブフォーマットへの対応

GDNではバナー、テキスト広告だけでなく広告の出る形式(広告サイズなど)に自動で対応されるレスポンシブ広告での配信も多く行っています。
独特の形式ですがバナーやテキストよりもクリック率が高くなるケースもあります。

データフィード作成から動的広告までおまかせ

商品が多数ある通販サイトや案件情報が多い求人サイトなどで威力を発揮するのが動的広告です。閲覧した商品や案件情報などに基いて、動的におすすめの情報を配信することができる動的リマーケティングでは非常に高い成果が出やすいです。
設定が難しいデータフィード作成もおまかせください。

成功実績

B2Bサイトのリード獲得

DSKとリマーケティングにて、テキスト広告、レスポンシブ広告、バナー広告と訴求軸を分けながら複数パターン展開していったことで、クリック率の改善につながり、効果を出しづらいB2Bのディスプレイ広告でも検索と同等のCPAでリード獲得ができました。

大手自動車メーカーの販売店への集客

新規顧客を獲得するために、GDNを使って見込み客への認知拡大を進めました。
カスタムアフィニティカテゴリや、リマーケティングリストの類似ユーザー配信など、これまで接触していないながらも見込みが高いであろうユーザーへアプローチしました。
アナリティクスでのターゲット別の分析も行い、低CPCで誘導をかけた中でも効果を上げていけました。

求人情報サイトのエントリー獲得

動的リマーケティングを活用して、閲覧した求人情報をもとにクリエイティブを出し分けていきました。
もともとリマーケティングのパフォーマンスが高かったたころ、それよりも30%ほども安いCPAで配信することができ、もっともGDNに限らずもっとも獲得できる配信を行うことができました。

B2Bサイトのリード獲得

DSKとリマーケティングにて、テキスト広告、レスポンシブ広告、バナー広告と訴求軸を分けながら複数パターン展開していったことで、クリック率の改善につながり、効果を出しづらいB2Bのディスプレイ広告でも検索と同等のCPAでリード獲得ができました。

大手自動車メーカーの販売店への集客

新規顧客を獲得するために、GDNを使って見込み客への認知拡大を進めました。
カスタムアフィニティカテゴリや、リマーケティングリストの類似ユーザー配信など、これまで接触していないながらも見込みが高いであろうユーザーへアプローチしました。
アナリティクスでのターゲット別の分析も行い、低CPCで誘導をかけた中でも効果を上げていけました。

求人情報サイトのエントリー獲得

動的リマーケティングを活用して、閲覧した求人情報をもとにクリエイティブを出し分けていきました。
もともとリマーケティングのパフォーマンスが高かったたころ、それよりも30%ほども安いCPAで配信することができ、もっともGDNに限らずもっとも獲得できる配信を行うことができました。